説得するな!

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

今日は、

雨がひどく、

新幹線が動くか心配ですが、

6つの仕組み化説明会のため東京に向かいます。

 

お客さんに、

来店、メニューアップ、テンパン購入してもらいたいなら、

説得するより納得させる事を考えてください。

これも仕組みの1つです。

 

 

よくあるパターンとして、

何かを売りたいがために、

その良さを必死に説明する人がいます。

 

 

これは典型的に売れないパターン。

しかも、

長く、丁寧に、説明すればするほど嫌われます。

 

 

一方で、

言葉少なに、簡単に、

それで困っているなら、

~をすればいい、、、

~を使うといい、、、

という話をすると、

興味がある人だけ耳を傾けます。

そして購入してくれます。

 

 

興味がない人、

若干引いている人に、

それ以上語る事は単なる営業、押売りです。

 

 

営業=売りたいので、

その良さを、

あーじゃこ―じゃと語りたくなる気持ちは分かります。

 

 

でもこの時点で、

あなたは気付いてないかもしれませんが、

説得に入っています。

 

 

この時の最大のポイントは、

メニュー・商品名を出さないこと。

解決策や対処法を話すこと。

 

 

興味を持った人と、

引いている人ではこんな反応の違いがあります。

 

 

<興味のない人の特徴>

いくら説明しても、

・そうなんですかー

・目を合わせない

・困った顔をする

・初めから否定的な返事をする

 

もしこれを少しでも感じたら、

もう話さない方がいいです。

失客や悪い評判を拡散します。

 

 

<興味のある人の特徴>

一部のお客さんは、

これいいですよ。

これ新しくなりました。

と、一言いうだけで購入する人がいます。

この方は除外して話します。

 

 

・なぜそうなるの?

・本当にいいの?

・高いんでしょ?(いくらするの?)

 

 

というような、

疑問形の返事をしてくる人。

この方達が興味がある人達です。

 

 

一見突っ込まれたような、

信じてもらえてないような、

錯覚を起こしますが、

実はそうではありません。

 

 

興味があるからこそ、

疑問形になります。

 

 

人の心理として、

お金は使いたくありません。

 

 

ですが、

欲しい気持ちと、

お金を使いたくない気持ちが、

本人の中で戦っているのです。

 

 

お金を使っちゃダメ!というブレーキを、

欲しいので解除するために、

本人が買う理由を、

自分自身で探しているからこその疑問形なんです。

 

 

でもここで焦ってはいけません。

勘違いしてはいけません。

 

 

売りたいがために、

先ほどのように説得しないこと。

 

 

お客様の声や、

仕様前後の画像を見せるなど、

あなたが良いと話すより、

第三者(利害のない別のお客さん)が、

良さを話した方が納得します。

 

 

少し掘り下げると、

買ってもらうために何かをするのでなく、

興味を持ってもらうために何ができるか?

 

 

説得するのでなく、

どうしたら納得してもらえるか?

これを考えて下さい。

 

 

でもどうしても、

話すのが苦手なら、

興味を持つ、納得する、

POPや動画を使いましょう。

 

 

ここでの注意点も、

トークと同じで、

売らない、説得しないです。

 

 

あなたのトーク説得になっていませんか?

あなたのトーク売りに走っていませんか?

一度チェックして、試してみてください。

 

 

追伸

そのような時の会話を、

ボイスレコーダーでとって、

後で聞いてみるとよくわかりますよ。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探してる

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP