売れる売れる、、、笑えるくらい

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

午後からグループコンサルのため、

東京に向かいます。

 

 

結構な頻度で、

キャンペーン、メニュー、

テンパンンが売れる仕組について話しています。

 

 

その仕組みの1つに、

周期があります。

 

 

売れる鉄板の周期を外すと、

損をします。

 

 

思い出してください。

過去1年であなたがした、

キャンペーン、メニュー紹介、

テンパン紹介は何月に始めて、

いつまでやっていたかを、、、

 

 

書き出すのがベストですが、

めんどくさいのであれば、

15秒思い出してください。

 

 

思い出していたところで、

話を始めます。

 

 

損をしない、

一番売れる周期は3か月です。

 

 

美容室のマーケティングでは、

期限は1っか月、

もしくは短ければ短いほどいい!

と話していますが、

それは集客の場合です。

 

 

既存客が対象の場合は、

仕組が違います。

 

 

勉強されているあなたなら、

なぜ3か月がベストか?は知っていますよね。

平均来店サイクルが3か月だからです。

 

 

もしあなたのお客さんは、

2か月周期だというなら、

2か月に設定してください。

 

 

もしターゲットが、

1ヶ月周期のいいお客さん、

常連さんだけであるなら、

1ヶ月でOKです。

 

 

周期の設定は、

どのお客さんをターゲットにするかで決めます。

少し話がそれましたの戻しますね。

 

 

3ヶ月周期でないと損をする。

一番売れなくなる理由は、

既存客に知ってもらうには、

必要な期間だからです。

 

 

勘違いしないでくださいね、

期間ですよ、期限ではありません。

 

 

なぜかと言うと、

3か月周期の人は、

たまたまその月に来店していなければ、

その案内を知る事ができません。

なので、

絶対に購入はしません、出来ません。

 

 

DM、メール、ライン、FBなどで、

店外にも案内することは必要ですが、

仮に知ったところで、

そのためにわざわざ来店する確率は、

よほどいいものの紹介でない限り、

期待はできません。

 

 

なぜなら、

1000円のランチを、

2時~4時なら500円にします!

と言ったところで集客できないのと同じです。

 

 

人が食べたい!お腹が減った!

タイミングを外しているのと同じです。

 

 

では、

毎月来店している人にとっては、

「しつこい」と思われるのでは、

という心配、恐怖もあるでしょう。

 

 

 

でもそれは、

あなたの思い込みです。

 

 

そう思う人は、

キャンペーン、メニュー、テンパンの紹介は、

口頭で営業しなくてはいけない!

と思い込んでいるからです。

 

 

案内、紹介ですから、

口頭で言う必要はありません。

POPか動画で十分です。

 

 

興味のない人はスルーします。

でも一部の人は違った反応を示します。

 

 

初めて案内を見た時は、

興味がなかったとしても、

2度3度見ているうちに、

「これそんなにいいの?」

「いつまでやるの?」

と聞いて来る方が必ずいます。

 

 

それって、

興味を示した証拠です。

そこで一言、

「評判がいいんです」

「メチャ売れています」

これだけで買う人は増えます。

 

 

口頭営業なんて必要ないのです。

 

 

口頭営業が必要ないということは、

スタッフでも売れます。

ただ上記のように一言いえばOKなので。

 

 

これが、

損をしない、

利益を最大化する、

キャンペーン、メニュー、テンパンの、

売れる仕組みの周期です。

 

 

仕組はあらゆるところで使います。

仕組はたくさんあります。

しかし、

バラバラで使うと、

効率が非常に悪いです。

 

 

効率が悪いと大きな結果が得にくいので、

なんだか「いつも大変、、、」

という気になります。

 

 

仕組は学ぶものではありません。

仕組は知ることです。

あとは、

もっとも関連性のある仕組どうしを、

組み合わせるだけ。

 

 

 

これを仕組み化と言います。

 

 

明日も続けますね、、、

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。


PAGE TOP