売ろうとすると必ずぶち当たる壁

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

あなたが売りたいもの、、、

たとえば、

技術を勉強して、

自信を持った高単価メニュー。

 

 

たまに出てくる、

美容師のあなた自身も驚く、

いい商品。

 

 

それはそれは「これいける!」と、

舞い上がったことはあるでしょう。

 

 

しかし実際売ってみたら、

全く売れない、、、

そんな経験ないですか?

 

 

そんな事を幾度か繰り返しているうちに、

うちの店は何をしてもダメなんじゃないか?、、、と、

スタッフに言う事とは反して、

自分自身が生気を奪われていくかのように、

ヤル気を失っていく自分に気がつく。

 

 

精神論ではないですが、

そんな気持ちでは、

いいものでも売れないです。

 

 

そのような人達には、

必ず「売れない」原因がある!

と僕はいつも考えます。

 

 

いろいろ探ってみると、

ある答えを見つけました。

 

 

それは、

買う気のない人に売ろうとしている。

 

 

買う気のない人の心理には、

共通するものがあります。

 

 

興味もないし、

買うつもりもないけど、

話を聞かないと、、、

無視すると、、、

わるい(あなたに)

 

 

なので、

話は聞いてくれることが多いでしょう。

もしかしたら、

一方的に説明して、

「話を聞いてくれた」

気持ちになったかもしれません。

 

 

説明したぞ!

という満足感があるのに、

売れない訳ですからショックは大きいですよね。

 

 

ではどうしたら売れるのか?

次の質問に答えて下さい。

 

 

あなたはポルシェを売りたいです。

そして今あなたの目の前に2人の客がいます。

どちらが買ってくれる可能性が高いと思いますか?

 

 

1人は、

4人家族、4台メルセデスを持っている人。

もう1人は、

1台しか持っていないけど、

ポルシェを持っている人。

 

 

どちらの人が、

車にお金を使っているかというと、

メルセデスの人ですね。

さぁ、どっちだと思いますか?

 

 

一見、車にお金を使っている、

方の方に思いがちですが、

答えは、

ポルシェ乗りです。

 

 

なぜなら、

今更ポルシェの良さを説明しなくていいからです。

 

 

何か気づきましたか?

たとえば、

カラーをした事のない人に、

カラーをしてもらうのは至難の業です。

 

 

どんなにいいカラーを導入しても、

自分んで染めている人に勧めても、

これも難しいです。

 

 

「売ろうとすると必ずぶち当たる壁」とは、

あなたの読み間違えによる、

売れる数と売上の「あ~勘違いです。」

 

 

このメニューを入れたら、

50万アップ出来るかも、、、

と思った事が勘違い。

この商品なら30万は売れる!

と思ったことが勘違いです。

 

 

あなたの顧客データを見て、

カラーの方が100人いるなら、

その方達が今回のターゲット。

 

 

 

100人の何人を新しいカラーに移行できるか?

これが期待できる結果です。

それだけでは寂しいのであれば、

広告で外部から来店してもらう。

 

 

口頭で説明するのが苦手なら、

POP・DM・SNSで知らせる。

その積み重ねです。

 

売れない人達の原因は、

見込み売上の予測違いと、

販促の組み合わせができていないことです。

 

 

この組み合せができるようになると、

売上アップの階段を上る事ができます。

 

 

売上を確実に増やしているほとんどの会員さんは、

この積み重ねを繰り返しながら、

始めは10万でも、

30万50万100万と、

今日も確実に売上を増やしています。

 

 

その会員さんが、

これは「ためになった」と言われた、

3つの会員限定動画(非売品)

 

 

「高単価でも売れる!メニュー価値の上げ方」

「リピート客をつくる9つのメッセージ」

「優良客をつくる!リピートのための12のツール」

1本2時間前後の動画3つ追加して、

あなたのやる気にプレゼントします。

今すぐココを見て!!

http://enkan-hanjyou.com/member/

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP