売るから売れるへ

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

メニューにしてもテンパンにしても、

売るのって難しいですよね。

 

 

お客さんで、

「営業してほしい」

なんて思っている人はいません。

 

 

あなたが、

お客さんになった時の事を思い出して下さい。

 

 

「こいつ、変な笑顔を作って、

売りつけようとしている」

と思った瞬間、

目を合わせなかったり、

言葉少なになったり、、、

その場から立ち去りたかったですよね。

 

 

要は相手の事を嫌ったわけです。

 

 

特に美容室に来店するお客さんは、

・高いメニューをしよう

・テンパンを買おう

・何か勧めてもらおう

なんて思って来店してくれているのなら、

こんな楽なことはありません。

 

 

しかし実際、ありえない話です。

 

 

そのありえない!を、

ありえるに変える方法があります。

それは、お客さんに

興味を持ってもらうこと。

 

 

そのためにする事は、

伝え方を変える。

 

 

たとえば、

ここ数年前からCMで、

よく使われている手法があります。

 

 

たとえば、

バスマジックリンは洗剤なのに、

汚れが落ちる事は言いません。

泡切れがいい!と言っています。

なので爆発的に売れました。

 

 

なぜなら、

風呂用洗剤は結構長い時間水を流さないと、

泡が消えない。

 

 

その事を洗う人はめんどくさいと感じていた。

でも、

なんとかならないのか!と思った人はいません。

 

 

その事に注目したのです。

人は潜在的困りごとがあっても、

解決したい事があっても、

そういうものだ!

と、思い込んでいるの。諦めている。

 

 

なので、

それを何とかしてほしい!

と言う発想は出てきません。

 

 

消臭力も同じ手法を使っています。

トイレ洗剤なのに洗浄力より、

モコモコ、、、泡泡とCMしています。

 

 

これもトイレを洗う人は、

液体だと流れてしまい、

洗いたいところが洗えない!

という不便さを感じていました。

そこに注目。

 

 

衣服洗剤も、

洗浄力アピールより香り中心に移行しています。

 

 

いまや水筒はだれもが1つや2つ持つ時代。

昔のCMは、

落としても壊れない。

保温力が抜群。

と、一生懸命伝えていました。

 

 

ところが最近は、

「美味しい温度」とCMしています。

 

 

僕が伝えたいは、

売る側目線でなく使う側目線になること。

 

 

 

お客さんの願望や悩みを、

解決するメニューや商品、

まして技術はあなたは持っています。

 

 

大切なのはその伝え方です。

 

 

他店と違う伝え方を考えてみて下さい。

お客さんの願望や悩みは、

意外なことに、

僕達の想像とは違う部分にある事が多いです。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP