5000万のワイン!いったい誰が飲むのか?

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

このメルマガは、

大阪に向かう新幹線から書いています。

 

 

 

今日明日と、

大阪東京で1DAYセミナーのため、

朝4時頃から準備をしていました。

 

 

すると天井のTVから、

「アメリカのオークション、サザビーズで、

45万ドル(5000万)でワインが落札されました」

と聞こえてきました。

 

 

そのワイン、

有名なロマネ・コンティ。

1945年物だそうです。

 

 

いったい誰が!?誰と!?何処で!?飲むのでしょう。

答えは「飲まない」です。

 

 

もうこの値段になると、

コレクションだそうです。

 

 

知り合いのソムリエが言うには、

保存状態にもよるそうですが、

美味いとか香りが、、、という世界ではないそうです。

 

 

もちろん僕が見たところで、

その価値など全く分からない自信があります(涙)

 

 

おそらく想像するに、

プール付きヘリポート付きのお城に住んで、

友人関係もそのレベルの人達でしょう。

 

 

そして、

特別なワインセラー、、、いやいや、

ワインの部屋において、

他のワインを飲みながら、

友人と語らうのでしょー。

 

 

・・ちょっとお知らせ・・

売上の安定化ができる、

常連客囲い込み!

いいお客さんを離さない仕組みの作り方、

実践会受付中!!

【10月実践会】◆常連客を囲い込み、いいお客さんを離さない!仕組みの作り方

・・ここまで・・

 

 

僕達とは無縁の話しから始めましたが、

本来ワインは飲むものです。

ワインをコレクションにする!

なんて発想は普通の人にはありません。

 

 

でもなぜ、

世界のニュースになるんだと思います。

それは値段です。

 

 

先のソムリエさんも小さな声で言ってましたが、

おそらく美味しくはないそうです。

価格が価値を高めているのです。

価値とはそんなものです。

 

 

変な言い方をしてしまいましたが、

同じことは美容室のメニューにも言えます。

 

 

どんなにそのメニューの良さを伝えたとしても、

値段が普通であれば価値を下げます。

 

 

たとえば、

カラーカット9000円の店で、

11000円のカラーをメニュー化したとします。

 

 

確かに2000円高くなっています。

でも素人のお客さんには、

その良さを判断する事ができません。

 

 

良さを説明すればするほど、

営業、押売りと取られるのがオチです。

 

 

そんな時お客さんは何に価値を見出すのか?

それは値段です。

先ほどのワインと同じです。

 

 

僕はつい先月、

ブドウを4房頂きました。

今まで見た中で一番大きかったです。

味も濃くて最高でした。

 

 

 

あとで聞いたのですが、

そのブドウは流通しないそうです。

卸価格が1房5000円前後、、、

市販されたら2倍3倍4倍!?

 

 

クラブで出されたら、

いくら請求されるのでしょう?

 

 

 

僕は思わず初めから言ってよ~と思いました。

この時も僕がそう思った理由は、

価格を知ってからです。

 

 

もしあなたが、

高単価メニューを作るなら、

中途半端にはしない方がいいです。

 

 

なぜなら、

お客さんはその価値を、

値段でしか判断できないからです。

 

 

勇気をもってトライしてください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP