居酒屋に学ぶ!業績を伸ばしながら生き残っている理由

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

 

セミナー活動をしていて感じるのは、

あれっ!ここA居酒屋だったのに、、、

あれっ!店が変わっている、、、

 

 

人口はどんどん減っているのに、

なくなってはまた現れる居酒屋。

美容室に似ています。

 

 

会社の経費削減、、、若者のアルコール離れ、、、

数々の自然災害や景気低迷、、、

そしてブームは、

食事をしながら1杯程度飲む「ちょい飲み」

 

 

外食産業市場動向リサーチによると、

ここ数年店舗数・客数・単価は下がる一方。

売上に至っては10年連続下がっています。

 

 

そういえばあの居酒屋、

「ガラガラだよ」

「閉めちゃったよ」

とよく聞くようになったのも頷けます。

 

 

しかし、

なんだかんだで生き残っているのが、

大衆居酒屋の御三家、

養老の滝・村さ来・つぼ八。

 

 

大手ゆえ、

伊藤課長(店名です)、一件め酒場、

とりあえず~などと名前を変えると同時に、

メニュー構成を変え利益を確保しながら、

生き残っています。

 

 

あとから参入した、

白木屋、笑笑、甘太郎、和民も、

強力なライバル。

 

 

それでもなんだかんだ言いながら、

全国では各々100店舗を超えてます。

 

 

老舗の養老の滝は、

全盛時1500店舗だったのが、

いまでこそ360店舗と少なくなりましたが、

大衆酒場としていまだにその価値を保っています。

 

 

 

ねっ、美容室と似ていますでしょ!

 

 

 

ここで疑問が生じます。

僕達、美容室から見れば、

居酒屋は居酒屋。

 

 

値段もつまみも似たような物。

しかも先に話したように、

店舗数の過剰、客数減、単価安、、、という、

美容界とそっくりな問題をかかえている。

 

 

にもかかわらず、

減っていないのは、、、潰れないのはなぜ?、、、

 

 

ハイ、ここからが僕達も真似るべき理由です。

 

ひと事で聞いてくださいね。

気がつけば居酒屋は、

専門化しています。

 

 

焼肉でなくホルモン。

海鮮~。

鳥~。

何でも屋だった居酒屋は、

専門化したんです。

 

 

そして、

季節の旬を売りにした限定メニュー。

マグロ~、、和牛~、、松茸~、、、と、

これは美容室でいうならキャンペーンですが、、、

ほとんどの美容室がやるキャンペーンとは、

根本的におおきな違いがあります。

それは、、、

 

 

値引きをしていない!!

旬だからなどの理由で、

しっかり高単価を売っています。

 

 

客の立場の僕達は、

・生100円でしょ

・飲み放題2000円でしょ

と安く飲める感覚。

 

 

ほとんどのつまみが、

3~400円前後の中、

イベント中の物たとえばマグロは、

800円前後だったりします。

 

 

 

何人かで入れば、

盛り合わせが用意されています。

1500~2000円代。

お見事です。

 

 

それに一般人が気付いていないだけ!

この戦略に美容室経営者が気がついてないだけ!

 

 

理想は毎月何らかのイベント・キャンペーンをする。

初めてでそれが無理なら、

年に4回3回と計画して行動する。

 

 

 

不思議なもので、

なれれば~とは言いますよね。

でもその前にする事があります。

それは計画です。

 

 

 

行き当たりばったりでは、

ほとんどの場合仕組み化できず、

仮に成功してもたかが知れています。

 

 

もうすぐ12月!おいしい季節がやってきます。

計画立てていますか?

まだ間に合いますよ!

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP