閉店に追い込まれる店の共通点

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

雨風台風かと思えば、今度は地震!

北海道にもたくさんの会員さんがいます。

お見舞い申し上げます。

 

 

自然災害で被害に遭った時どうするか?、、、

備えあれば憂いなしと言いますが、

かなりハードルの高い話です。

 

 

自然災害でなくても、

僕達のように店舗経営の場合、

外部からの負荷はいつもかかっています。

 

 

 

たとえば、

・バブル崩壊

・リーマンショック

・消費税アップ

などの景気低迷。

 

 

・再開発

による人の流れの変化による、

客数減。

 

 

・店舗乱立

による価格競争。

 

 

・ネット、SNSの普及

による集客方法の変化。

 

 

それを愚痴ったり言い訳することはできますが、

精神的には楽になっても、

それで店の売上げが増えるわけではありません。

 

 

では、どうすればいいのか?

それは、

いま店の売上げは、

集客はどうしているのか?

を、知っておく事です。

 

 

そして、

1つの物に頼らないことです。

1つに頼るということはこんな感じです。

 

 

<ケース1>

開発で流れが変り人通りがなくなり、

客数が減っていく、、、

あえて売上が減っていくでなく、

客数が減っていくと話したのには理由があります。

 

 

家賃が高い分いい立地なので人通りが多い!

だから他の販促をしなくても良かった。

という立地だけで集客していたのなら、

立地を変えればいいわけです。

 

 

<ケース2>

景気に左右されるお客さん。

どんなお客さんだか想像できますよね。

 

 

そのお客さん達は、

絶えず景気に左右されます。

つまり、

あなたが何も悪い事をしていなくても、

いくら頑張っていても、

景気に左右されます。

 

 

<ケース3>

集客をしている媒体が1つだと、

その媒体自身に集客力がなくなったっ時、

客数が減ります。

 

 

3つのケース全てに言えることは、

集客方法が何か1つだけだと、

その1つに何かあった時、

共倒れするという事です。

 

 

経営でいう備えあれば~とは、

集客方法を2つ以上持つことです。

 

 

立地だけに頼っていなければ、、、

景気に左右される人以外にも集客していれば、、、

複数の媒体で集客していれば、、、

憂いなし!と言う事になります。

 

 

今僕のところには、

・高単価メニュー

・料金の値上げ

・テンパン販売

について相談が多いです。

 

 

 

ほとんどが個別対応してる方ですが、

あなたもいざという時のためだけでなく、

今の売上をもっと増やすためにも、

2つ以上の集客方法を持った方がいいですよ。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP