ネット系集客の極意

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

・・お知らせ・・
このメルマガを前後して
6つの仕組み化講座申込者の
春からの参加者には4回目
「閑散期対策」

今月からの参加者には1回目
「失客対策・呼び戻し」
の説明動画と
文章そのものの、フォーマットをプレゼントします。

もし届かない場合
すぐにご連絡くださいね
・・ここまで・・

 

 

事務所からわずか車で3分、

コンビ二に行こうと思ったのですが、

メイン道路に出れない、、、

待つこと15分やっと着くことができました。

 

 

 

そうそう、

今日はお祭りで歩行者天国、道は大渋滞。

人ってアホなもので、

そんなことはすっかり忘れてしまう、、、

 

 

 

なぜか?

それは、自分にとって重要事項でないからです。

 

 

 

もし今日、

大切な人と会う約束があれば、

渋滞する事もすぐさま頭にインプット。

回避ルートや時間を調整したでしょうね。

 

 

 

これマーケティングの世界では、

「痛み」と言います。

痛みの強さは、

その人の重要性によって変わります。

 

 

お客さんが美容室に求めているもの!?

これも同じです。

 

 

髪に対する「痛み」、

というと大げさですが、

何かしらの「欲求」を持っていると考えてください。

 

 

たとえば、

スタイルなら、

・~さんみたいにしたい

これは長さ・カール・色・仕上がりと、

全てになります。

 

 

もう少しピンポイントで話すと、

カラーをしている人なら、

カラーの明るさ、種類に関係なく、

・根元が伸びて、黒や白髪が気になる

・ダメージが気になる

これを何とかしたいという「欲求」があります。

 

 

この欲求の強さは、

僕達はコントロールできません。

お客さん自身が感じるものです。

 

 

その欲求を満たすために、

お客さんは何をするのか?

あなたもする事!

それは検索です。

 

 

検索してみると分かるのですが、

出てくるは出てくるは、、、

しかもそのほとんどが、

「何をやってもダメだった」ばかり。

※この中にはセルフケアも含みます

 

 

人って不思議なもので、

いい解決策が出てこない!となると、

ますます何とかできないのか?

と、欲求が高まります。

 

 

 

ちなみにすぐ諦める人は、

欲求が薄いのでターゲットにはなりません。

 

 

 

 

そんな時お客さんが思うことは、

たとえばカラーとダメージは、

1:解決が難しい

そうは思いつつ、

2:すぐにでも解決したい、です。

 

 

このお客さんの欲しいものは、

難しいのは理解している上で、

1:本当に効果のあるものに出会いたい

2:その根拠を知りたい

3:早く解決したい

欲しいものをすぐ手に入れたいのは、

誰もが持つ人の心理です。

 

 

ここまでの流れが理解できれば、

ネット上で何を伝えたらいいのか?

順番が分かってきます。

 

 

ほぼ全ての美容室の情報は、

「髪が傷まない」「髪がツヤツヤ・サラサラになる」

という、胡散臭い情報ばかり。

 

 

 

そこで<1>

・カラーで髪が傷む理由

・カラーで髪を傷めない方法

のようなタイトルで説明してあげると、

見やすくなります。

 

 

最終的には来店してもらいたいわけですから、

<2>解決できる根拠として

・お客さんの声

・有名人も使っている

と言う証拠を見せることです。

 

 

 

有名人とは、

芸能人・社長夫人(お嬢さん)・医師、

などが、それにあたります。

 

 

 

 

「いやいや、芸能人や著名人なんて

客にいないよ!」

と、ほとんどの経営者はいいます。

だから諦めてしまうわけですが、

だから「ボケ」と言われるわけです。

方法として、、、

 

 

 

お客さんが検索するように、

あなたもある検索をすればいいのです。

 

 

 

たとえば、

「~トリートメント」と検索すると、

芸能人がSNSなどに、

投稿しているものがヒットしたりします。

 

 

「いつも美容室で~トリートメントしてもらって、、、」

というような投稿です。

これはそのまま使えますでしょ!

 

 

 

ただし注意してくださいね。

特に芸能人の場合、

勝手に本人画像を使うと、

著作権や肖像権の問題が発生します。

また、

あなたの店に来店してるわけではないので、

その言い回しにも注意が必要です。

 

 

 

最後に、

すぐ解決したいわけですから、

すぐ予約できる方法を書いておく。

これだけです。

 

 

 

お客さんの欲求を満たしてあげる。

でもこの中には、

ある決まった流れがあります。

その順番さえ守って教えてあげれば、

お客さんはスムースに、

来店してくれるようになります。

 

 

 

今日の話は、

絶対にこのようにして!

と言うものではありません。

 

 

全てのスタートはお客さんから!

と言う事です。

 

 

 

技術には自信があり、

あなたが決めた、惚れ込んだメニューが、

最高であるなら、

一度お客さんと同じ、

あなたが検索する立場になって考えて!

と言う事です。

 

 

あなたの売りたいものは売れません。

お客さんが欲しいものが売れるのです。

 

 

 

そこを間違わなければ、

きっとあなたの売上はアップしますよ。

 

夢はさがさない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP