高いメニューはどうすれば売れるのか?

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

今日は東京のホテルから書いています。

 

 

 

昨日の大阪も暑かったです。

会議室を出たとたん、

汗がワッ~と噴き出しました。

自宅のキュウリさんと茄子さんが心配、、、

 

 

 

値段の安い高いは、

どこで、、、何で判断されるのか?

考えた事ありますか?

 

 

 

たとえば、

駅まで行くのに、

100円か?1000円か?選んで。

と言われたら間違いなく100円を選びますよね。

 

 

 

でも、

駐輪場代100円払ってチャリでいくか?

タクシー代1000円払っていくか?

と言われたら考える余地ありですね。

 

 

 

でもね、

この選択肢、メチャ裏があります。

それは、

往復を考えるとタクシーは、

2000円かかるからです。

 

 

 

ですから正しくは、

駐輪場代100円払ってチャリで往復するか?

タクシー代2000円払って往復するか?

確かにタクシーは楽だけど、

この差を大きく感じる人は多いでしょう。

 

 

 

値段を安い高いと判断するには、

必ず基準があります。

 

 

 

たとえば水、

最近のコンビニでは、

2リットル100円前後で売っています。

 

 

 

 

ところが自売機になると、

400mlで150円が相場。

 

 

 

だから、

単純に量だけで比べると、

自販機の水はコンビニの6倍になります。

これ超高いです。

 

 

 

しかし、

自販機の前で「高い」と思う人は少ないです。

なぜなら、

自販機ではそれが相場だからです。

人の脳は不思議でしょ!

 

 

では現実に戻ります。

分かりやすくカラーが1万円の店で、

2万円のカラーを紹介したら、

それは高いです。

なにせ2倍なんですから。

 

 

 

でも、

必ずそれに興味を持つ人がいます。

ですから、

来店者全員に分かるように、

告知することは必要です。

 

 

 

その上で、

誰かがそのカラーをオーダーしたら、

めちゃチャンスが訪れます。

さて何だと思います。

 

 

「~カラー入ります」

もしくは、

「~カラーお願いします」

と言うだけです。

 

 

 

どうしても声を出すのが嫌なら、

他とは明らかに違う、

ワゴンに乗せて運びます。

 

 

 

オーダーした人は、

「私は高いカラーをする」

と言う自尊心をくすぐります。

しかもそれは、

本人だけの自己満足ではありません。

 

 

他のお客さんに対して、

「私は2万のカラーをするの」

と、無言の優越感。

 

 

 

さらに、

周りのお客さんは、

ほぼほぼチラ見します。

そして、

「う~ん、、、私もやろうかな!?」

と思い始める人がいます。

 

 

 

それは、

・プライド

・隣の芝は青い

と同じ心理が働くからです。

 

 

 

 

この方法、

実は飲み屋さんで学びました。

 

 

 

声を出すのは、

ご存知ホストクラブのシャンパンコール。

ワゴンで運ぶのは、

そこそこいいクラブです。

 

 

 

高いメニュー、

美容師でない一般人に、

そのもの本来の価値を伝えるのは難しいです。

まして実感させるのは、

さらに難しいことです。

 

 

 

ですから、

少し角度を変えて伝えてみる!

 

 

 

すぐにできる事です、

是非試してくださいね。

 

 

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP