95人新規集客した裏側

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

from:事務所から

 

大阪の美容経営者

Kさんの場合

 

折り込みチラシ31人
フリーペーパー2人
HP2人
ホットペッパー36人
通りがかり7人
紹介11人+その他6人

<合計>95人

 

 

この数字は

10月の新規の客数です

少し分析してみますね

 

 

タウン誌とHPは2人づつ、、

少ない感じがしますが

折り込みチラシとタウン誌は

HPと密接な関係にあります

 

 

なぜなら

あなたもしている行為なのですが

紙媒体を見た方のほとんどは

HPを見て確認しているからです

 

 

ですから上記数値は

どのようにデータをとったかが問題になります

 

 

数値の読み取り方として

お客様に何で来店したか?

と聞いている店は多いでしょう

そこであなた自身のことを考えてください

 

 

たとえば

広告を見たあとHpで詳しく見た

そしてある店に行く気になった

 

 

お店で

「なにで店を知りましたか?」

と聞かれた時

「広告」と答えるか「HP」と答えるか

 

 

つまり

折り込みとHP=33人

タウン誌とHP=4人

あわせて考えないといけません

※HPの閲覧数を見るとさらに詳しく分かります

 

 

注目してほしいのは

タウン誌とHPの合計が

4人である事

 

 

ここで分かることは

1か月だけの数値で判断するのは

少し早いですがタウン誌の効率が悪い

 

 

さて

あなたはこの結果をみてどうしますか?

 

 

ほとんどの場合

タウン誌をやめる!

それで終わりです

 

 

しかし

マーケティングの観点からすると

それではダメです

 

 

 

タウン誌をやめて

その浮いたお金を

最も効率のいい広告にまわす!

これが正解です

 

 

客数、売上が欲しいのは誰も同じです

順調に成果を出し続ける人は

広告は続けます

 

 

なぜなら

広告以外新規集客できるものがないからです

※広告とは、看板なども含みます

一方そうでない人は

広告費を惜しみます

 

 

ですから

成功したいのであれば

客数、売上をふやす可能性のある経費は

惜しんではいけません

 

 

売上がないから広告を出せない

のではなく

広告しないから売上が増えないのです

 

 

この考え方

重要ですので

常に意識してくださいね

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP