高いものを勧めない!安いものを勧めて単価を上げる?

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

from:事務所から

 

お客様が

高いものを勧めると買ってくれない、、、

他の店では

どやって売っているのか?

ノウハウを教えてほしい

と言われます

 

 

このような質問や

悩みを抱えている経営者は

勉強している方が多いです

 

 

 

そこで今日は

2つの方法を話しますが

その前に

そもそもなぜ

高いものを売りたいのでしょう?

 

 

単純に単価を上げたいのですよね

単価が上がれば売上が増える

 

 

多くの方が失敗するのは

売上、売上と考えてしまうからです

 

 

最終目標は売上ですが

その過程である

単価を上げるんだ!

と考えないと失敗しやすいです

 

 

たとえば

2000円のトリートメンがあり

その上に

5000円を作ったとしましょう

 

 

ほとんどの人は

5000円を売りに行きます

しかし

単価を上げることを意識すると

2000円でもいいわけです

 

 

それでは店で

どのように考えアプローチをすればいいのか

話していきます

 

 

 

まず

新しいトリートメントがある事を

POPで告知ます

 

 

グタグタ書かないで

単純に告知でいいです

この時価格は表示しないでください

 

 

 

興味がある方は

・どのようにいいのか?

・いくらなのか聞いて来るでしょう

 

 

聞かれたらチャンスです

5秒で効能を話し

サラッと5000円と伝えてください

 

 

ここで客を2つに分けて考えます

 

 

客1:

2000円のトリートメントを

すでにやっている方には

「いつもやってもらっているので

今日はお試しで2000円でやらせてもらいます」

 

 

これは

試食、試飲の考えです

 

 

 

客2:

2000円のトリートメントも

してない人の場合

 

 

開口一番

「高いわねー」というでしょう

その一言で

諦めてしまう、、、

 

 

 

でも

ここで諦めてはいけません

「もっと手軽な2000円ものがあります」

「こちらから始めてみてはどうですか?」

と、こちらもサラリと話してください

 

 

5000円という価格がインプットされてから

2000円と言われると「安い」と感じます

 

 

2000円でも

充分単価アップです

 

 

この考えは

 

 

客を育てる、教育する

という方法です

 

一度試してみて下さいね

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP