●●売上とお金と感情のミスマッチ

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

from:事務所から

 

 

今日からしばらく

売上とお金と感情の話をします

 

 

では早速質問します

YES・Noで答えて下さい

 

 

Q1:あなたは売上は欲しいですか?

A1: YES  NO

 

 

Q2:あなたはお金は好きですか?

A2: YES  NO

 

 

人の心理として

おそらくQ1に関しては

限りなく100%YESと答えたでしょう

ところが

 

 

Q2:お金は好きですか?

の答えは2つに分かれます

 

 

1つは、「YES」

もう1つは

・お金は大切だけどそれが全てじゃない

・お金のために働いている訳はない

というようにYES・NOで答えられない人

むしろこちらの人が圧倒的に多い

 

 

ここからは

感情的なことは無視して

ひと事で考えてほしい

 

 

日本語は難しく

単語によって受けるイメージが違う

たとえば

貯金する、稼ぐ、儲ける、成功する、売上

これ全てお金にかんすること

そして

サラリーマンでも主婦でも

お金は欲しいと思っている

 

 

 

経営者であれば尚のこと

もっとお金が欲しい

と思っているにもかかわらず

正直に「はい」と言えない理由がある

それは感情だ!

 

 

「お金が欲しい」と言ったら

人になんて思われるか?

不安と心配が先行する

 

 

 

その証拠に

僕がセミナーや講座で

売上は欲しいですか?と聞くと

100%YESと答える

 

 

お金というワードに対して

特に日本人は冷静に判断できない

ただ間違ってほしくないのは

何処でも誰にでも

「お金が欲しい!」と

言えと言うわけではない

 

 

 

 

その感情が経営者として

売上を何とか増やしたい!という本音に

目に見えない

感情のブレーキとなってしまう

 

 

しかし

悲しい事に人の心理は都合がいい

まさか自分の感情が売上をふやさせないように

考えてるなんて夢にも思わない

これが大問題なわけ

 

 

意識もしない目に見えないものがブレーキだから

売上ふやすノウハウを

どんなに勉強したとしても

それに真っ直ぐに動けないでいる

 

 

お金は欲しい

そのために頑張ってもがんばっても

上手く得られない人に限って

「お金だけじゃない」

というもの、、、

 

 

 

事実

成功者と言われる人は

人前で「お金が欲しい」とは決して言わないが

行動は全てお金に直結している

人に言わないから

余裕がある人に見られ尊敬もされる

 

 

 

本田宗一郎も松下幸之助も

たくさん儲けて余裕があるからこそ

僕達一般人の前では

決してお金の話はしない

でも

会社がしている事は

金儲け以外の何物でもない

 

 

もしかしたら

あなたが頑張っても頑張っても

売上が増やせないでいるのは

お金の本当の大切さや価値の姿が

ハッキリと見えていないかもしれない

 

 

勉強熱心なあなたは

きっと僕のメルマガや講座以外にも

たくさんのところから

ノウハウを学んでいる

そして知っているはず

しかし、、、

 

 

 

ノウハウだけでは1つ足りない

どうしてもあと1つ必要なものがある

それが感情のブレーキを解除すること

 

 

バイクをイメージしてほしい

前のタイヤは舵をきる

つまり行き先を決める

これがノウハウ

 

 

後ろのタイヤは

前へ進む原動力

これはアクセルでコントロールされている

そしてアクセルをコントロールしてるのは

あなた自身

 

 

スピードが怖い人は

アクセルをONできない

つまりこれが感情です

 

 

どの店でも

今困っていたり

不安を感じている求人

これさえも

お金=売上が解決してくれる

 

 

明日は

今日の延長で

求人の解決策を話ます

 

 

・・追伸・・

僕がなぜお金の話をストレートに話すのか?

それは

・メルマガ読者のあなたには儲けてほしい

・年に1回だけ募集する

  儲け方が学べるコンサル養成セミナーに

  興味を持ってほしいからです

 

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP