●●贈る喜びともらう喜び

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

from:東京のホテルから

 

 

儲かっていない経営者のくせ

・お客様のため

それ本当にお客様のためなのでしょうか?

・スタッフのため

それ本当にスタッフのためなのでしょうか?

 

 

そのことで

お客様、スタッフは

ほんとうに喜んでいるのでしょうか?

 

 

子供の頃

よく母に言われました

「相手の気持ちになりなさい」

 

 

口でいうのは簡単ですが

大人になればなるほど

特に経営者になると

それは難しくなる傾向にある

 

 

むしろ

純真無垢の子供のほうが

相手の気持ちになっているかもしれない

 

 

相手の気持ちになる!

これができれば

相手の喜ぶことがわかる

相手の欲しいものもわかる

 

 

相手とは

お客様、スタッフのこと

もしそうなら

客は増え、スタッフはやめない

 

 

 

完璧は無理としても

完璧に近づけようと切磋琢磨することで

美容室の将来的安定をもたらす

 

 

よくあるパターンとして

お客様のために何かをプレゼントする

スタッフのためにプレゼントする

 

 

きっとあなたは

いい事をした感に満たされるでしょう

 

 

しかしあなたは

こんな事で困ったことはないでしょうか?

「貰いものだから捨てられない」

つまり貰っても嬉しくない

 

 

贈る喜びと貰う喜び

これは

圧倒的に贈る側の喜びの方が大きい

 

 

最近あなたが

お客様のために

スタッフのために

と思ってしたこと

本当に喜んでもらえているのでしょうか?

 

 

このような話

ほんらい気付いて欲しい人が気づかなくて

気付かなくていい人が

「気をつけよう」と感じてしまう

 

 

今日の話

あなたはどう思う?

 

 

大切なことなので

何度も言いますが

相手の気持ちになる

 

 

 

経営者のなたが

安定的に売上をふやし続けたいのなら

1人真剣に考えてみてはいかがでしょう

 

 

 

今日のメルマガいかがでしたか?

お客様の気持ちになる

その方法がここで学べます

好評につき

今回は東京・大阪と2会場で開催します

↓ 詳しくは

売上アップ実践会 10月

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP