集客について考えもしなかったこと

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

昨日はブログ配信できませんですいませんでした

DMサポートとセミナーの下準備で時間が取れませんでした

(言い訳は良くないですね)

でもクライアントさんとのやり取りの中で

あなたに今日いい話ができます

 

私がこの話に触れるのは初めてです

考えれば分かることですが

言われないとわからない事

しかし難しいことでもあります

今日こそ美容師であるあなたを捨てて

ひと事で、いち消費者として聞いてください

(この話は会員さんには詳しく動画でお届けします)

 

マーケティング(価値を与へお金に換える)については

以前話しました

これがわかれば集客のために

どのようなアプローチをかければいいかわかってきます

 

相手の立場になって考えるという言葉

よく聞くフレーズですよね

聞かされると心が洗われることもあります

 

集客において一番大事な1つもこれです

 

ではこのことについて話しますね

お客様の

<気持ち><欲しいもの><求めているもの>は何?

 

よくニーズとウォンツなんて聞きますでしょ

直訳すれば 必要 と 欲しい です

いろいろな販促物によく使われていた単語ですね

あなたも過去に使っていたこともあるでしょう

「あなたのニーズにお答えします・・・」なんて

 

理屈をこねるわけではないですが

ニーズとウォンツの違いはなんだと思いますか?

ニーズとウォンツ?

 

単純に必要なものと欲しいものの違いでしかありません

ではここで消費者のあなたに質問します

あなたにとってティッシュは必要ですよね

なくなれば「買おう」と思うわけです

ですからあなたにとってティッシュはニーズなわけです

あなたは買い物に行きました

当然ティッシュでも種類があります

例えば100円・150円・200円・250円・・・・

どれを選びますか?

100円でないものを選んだあなたは

その理由があるはずです

・安いものはよくない

・安いのを買うのはカッコ悪い

・なんとなく良さそうだったから

などですかねー

でもここで考えて下さい

もしあなたが何日間も風邪で辛くて

1日に何度も鼻をかんでいて

鼻が真っ赤で痛かったら

「鼻に優しい柔らかなティッシュ」が欲しい!

 

わかりますか

欲しいんです

これがウォンツです!

 

人はウォンツ=欲しいものには

高くてもお金を払おうとします

もちろん裏付けは必要です

POPで鼻に優しいティッシュとあれば待つわずそれに手を伸ばすでしょう

 

まとめますね

ニーズ=必要なものは一番よく売れます

その反面価格で勝負されます

安いほうがいいに決まっているからです

 

逆にウォンツ=欲しいものは欲しがっている人にしか売れません

ですから売れる確率や数だけで考えたら売れません

 

POPの話ではないですよ

今回で言えばティッシュの価値を伝えたものが

それを欲しがっている人には宝物なんです

ですから高くても買うんです

 

では現実に戻りましょう

カットはニーズか?ウォンツか?

これはある意味ニーズです

髪が伸びてきたらカットしないと

現代に生きるにはいろいろ支障がありますよね

「だらしがない」「見た目が悪い」「仕事に影響が・・」など

だから1000円カットが存在するわけです

 

ですがカットをウォンツと考える方がいるわけです

その方があなたのお店のお客様なんです

3000円・5000円・7000円払ってもいいから

あなたのお店でカットしてもらいたい

 

それではあなたは

鼻に優しい・・・のように

あなたのお店の価値を伝えていますか?

伝えていたらお客様は増えます

 

今日の話は難しかったですか?

ニーズとウォンツ!

奥が深いんです!

・・・・・・・例・・・・・・

ニーズ と ウォンツ

靴下・・・・・・・3足100円 と 1足1000円

洗濯洗剤・・・通常のもの と ボールド(香りがいい)

車・・・・・・・・・中古車 と 新車

時計・・・・・・・2000円 と ロレックス

コップ・・・・・・プラスチック と バカラ

 

続く・・・・

あなたの未来を応援します!

ニーズ と ウォンツ の違いをもっと知りたい

お店に直接反映させたいならここをご覧下さい

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP