●経費0円で10万単位の売上アップする方法●

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

楽笑塾 佐藤 祐司です

DSC_0907

 

from:事務所から

 

寒かったですねー

僕の家から見える箱根は

雪で真っ白です

 

雪が降ると

舞い上がって車で走りに行くのですが

明日明後日と

東京でセミナー

そして

春からの企画があるため

その準備でこもっていました

 

出たとこ勝負でなく

最低でも3か月先の予定を立て

それに向かって行動することが

成功の秘訣です

 

さて今日は

僕が12月に話した

閑散期対策を覚えていますか?

 

それを

積極的に行動した

広島はNさんからの話です

 

内容は

・閑散期に単価、売上を増やす方法

・来店周期を短縮する方法

さらに

 

その仕掛けである

考え方にも及んでいます

これはまさに

仕組みと組み合わせ

マーケティングですので

 

Nさんに許可を頂き

2回にわたり

公開させていただきます

 

あなたにとって

かなり具体的な内容になっていますので

参考にしてください

 

Nさんからメール第一部

・・1/7ここから・・

昨年はお忙しい中いろいろとありがとうございました。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

先ず、とりあえず試した販促
(1/25までなら1000円引き券)の事について
お聞きしたい事があってメールしました。

毎回渡し続けた方が良いのか、、
有効期限について、、、、、

昨年12月に比較的高単価のお客様に対して
その日提案したメニュー(多くは悩み解決的な部分パーマ)
に対して1ヶ月以内であれば1000円引きと言う券をお渡してみました。

割引はきっかけであって・・・・・すごくいいマーケの考え!!
これに来られたお客様に

いかに上手く単価アップを図るかが

大切と受け止めてますが、、

その仕組みとは
こちらが営業トークしなくても

お客様の方から訪ねてもらえるような

販促を用意する事、、、

この販促する事がリピートアップそのもの、、、

と受け止めていますが

仕組みとなる販促的なものが具体的にまだ何も考えられてなくて、、

急いで考えないといけないです。

押し売りにならない様にするには、、、

お客様がありがたいと思うものを販促する。
それはご利益となって、、それが単価アップ。

全くその通りだと思うのですが、、、

・・・ここまで・・・

 

まずは考え方

割引率については個々に考えるとして

やみくもに1000円OFFより

単価の高いメニューに対してのOFFが良いです

例えば

カラー、パーマ、矯正に限る

 

日頃

カットしかしていない方は

来店時に単価アップさせることは

非常に難しく

単価を下げる原因になります

 

有効期限は

例えば

1月は1000円OFF

2月は500円OFF

と設定することで

 

早く来店した方が

・お得である

・2か月に1度の人を1ヶ月内に来店を促す

・3ヶ月に1度の人を2か月内に来店を促す

と言うWの効果が期待できます

 

これは両方とも

・来店サイクルの短縮

その事で

・本来なら売上がないところに売上が立つ

と言う仕組みです

 

割引は

来店のきっかけ作り!

と考えたのは大変良い事です

しかし

 

来店時に

何を勧めたらよいか?

これは

ミーメッセージです(自己都合)

 

お客様の悩みは

個々違います

ですから

始めから部分パーマを勧めよう!

と考えてはいけません

 

先にお客様の悩みを聞きましょう

そしてそれに答えてあげる事

 

例えば

カラーで来店した方

・傷みが気になる

それならトリートメント

 

・TOPのボリュームが気になる

それならポイントパーマ

 

というように

髪のプロですから

直ぐに対応できるでしょう

 

提案として

割引券を持っているので

○○分ほど

○○円でできますよ!

○○してきますか?

と言う程度で充分です

 

それ以上は

押し売りになります

 

この販促方法のいい部分は

販促費が0円である事です

但し

忘れてはいけないのは

 

事前に

毎月来店する人が何人いるか?

その人数×1000円を出せば

単純にいくらの損失が出るかが分ります

これが分ると

 

何人の方を来店させればいいのか?

分りますよね

これも例を出すなら

 

毎月来店する人が20人とすると

20人×1000円=2万円の損失が出ます

 

カラーカットが1万円なら

1000円OFFなので

2万円÷9千円=2.2222人来店でペイできます

と言う事は

3人目からは即利益

 

最低3人は来店させる

目標は

○○人来店させる

 

20人なら

(20人ー3人)×9千円=15万3千円の売上アップ

30人なら

(30人ー3人)×9千円=24万3千円の売上アップ

と言う事になります

これは

経費0円から生み出せる事を忘れないでください

 

だからこそ意識してほしいのは

1000円OFF券を渡す時

「割引券ですから使ってください」

なんて渡しているようでは全くダメです

 

来店してもらえるような

渡す時の話し方を考えてください

 

何かいい案がある方は

こちらまで教えてください

info@rakushojyuku.com

 

明日も続けます

お楽しみに、、、

 

 

もしあなたが

・・・経営基礎を学びたいなら

儲かる仕組み マスター1

があります↓

https://enkan-hanjyou.com/?p=4392

 

 

・・・楽して売上が欲しいなら

ロケットスタートパック

があります↓

https://enkan-hanjyou.com/product/rocketstartpac_02.html

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP