●●2万5千円で64万売上アップさせた、繁盛店マジックを知りたくないですか?

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

o039903991401715681670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(参考画像)

 

楽笑塾 佐藤 祐司です

DSC_0907

 

from:自宅から

 

今日は午後から

地元の商工会議所のセミナーに行ってきます

どんな方が来るのか?

どんな質問が出るのか?

楽しみです

 

昨日は

確実に着実に増やせている店は

ツール・スキル・マインドセットの

3点セットを持っている

と話しました

 

ツールとは道具

スキルとは知識(ノウハウ)

マインドセットとは

「それはちょっと、、」という心のブレーキ解除

の事です

 

タイミングよく

高単価高収益美容室 構築プログラム

プレミアクラス参加の

富山のYさんから

1~11月までの売上アップ報告がありました

 

報告についてはまた話しますが

その報告の中で

あなたに是非

考えてほしい部分がいくつかありましたので話します

例えば

 

常連さんに500円OFFのDMを出したとしましょう

この目的は何が考えられますか?

・感謝の気持ち?

・失客防止?

・何となく不安だから?

・キャンペーン?

 

もしあなたが

このような考えだとしたら

それが儲けられない理由の1つです

 

目的として考えられるのは

2つあります

その1つは

 

出す時期や

常連をどの基準で選んだかにもよりますが

・囲い込み

・暇な月の売上アップ

・翌月への布石

が考えられます

ところが

 

富山のYさんのデータを参考に計算すると

このDM持参で来店した客数は223人

結果として

115,000円の割引をしたことになりました

この割引総額を見て

あなたは何を考えますか?

 

・常連だから割引しなくても来たのにもったいない!

・意味のない割引!

・単純10万単位の損!

 

もしあなたが

このような考えだとしたら

これも儲けられない理由の1つです

そもそも

 

顧客データをしっかり把握していれば

およそ

何人がDMを持ってくるかは

容易に想像できます

ですから

 

出した時点で

およその損失金額も

想定できるわけです

ここで

 

最も注目してほしいのは

先ほど話さなかった

もう1つの目的

それは

 

売上を増やす

仕組みと組み合わせを

しっかり理解しているからこそ

分る目的です

何かと言うと

 

先ほど話した目的

・囲い込み・暇な月の売上アップ・翌月への布石

だけだとしたら

損は覚悟でDMを出さなければなりません

しかし

 

Yさんの目的は

売上アップだったのです

そして見事に成功しました

しかも

64万円のアップに、、、

それはこんな事でです

 

DM持参者に限りませんが

その月もしっかり

追加メニューやアップセルなど

単価アップを用意していたからです

 

まとめます

DMはツール・道具

割引はスキル・仕組み

単価アップもスキル・仕組み

2つの仕組みを組み合わせたのです

DMと言う道具を使って

その事で

 

・囲い込み・暇な月の売上アップ・翌月への布石

と言う目的と

売上アップ

と言う目的を

見事に達成したのです

 

賢いあなたら

気付いたかも知れませんが

そこには隠れた

もう1つの仕組みがあります

それは

 

追加メニュー、アップセル

という単価アップの仕組みです

つまり

 

Yさんは

僕の

9回の講座を受講する事で

1つ1つの仕組み

その仕組み通しの組み合わせ

しかも2つ、3つ、4つ

さらに

 

「割引をしたことがない」

と言っていましたので

マインドセットまで身に付け

使いこなしたのです

※勝手な僕の自画自賛かもしれません(笑)

 

儲かる仕組み

そして組み合わせ

まるでマジックのようでしょ

そして

 

そのトリックを知れば

実に簡単シンプルで

面白いでしょ

 

こうして

楽しんで売上を増やしてほしいのです

 

楽笑塾とは

楽に楽しく笑いましょう

から名前を付けました

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP