●●交わらない考え!10%OFFもするの?10%しかOFFしてくれないの?

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

379[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

(参考画像)

 

 

楽笑塾 佐藤 祐司です

DSC_0907

 

from:自宅から

 

2日間東京にいました

大都会にいると

ウキウキする反面疲れる

やっぱり自宅が一番落ち着く

ちょっと臭いけど

いつもの独特の愛人サクの体臭

(愛人サクはワンコです)

 

 

今日は読者から2つの質問に答えたいと思います

これを読んでいるあなたは

どう答えますか?

 

一緒に考えてみて下さい

 

静岡県 Hさん

「1・2月に来店を促すクーポンの有効期限を

なぜ?2月末まで!としてはいけないのですか?」

 

山口県 Tさん

「1月2月の割引を変える意味があるのですか?」

さてあなたなら、どんな答えをだ出しますか?

 

この2つの質問実に面白いです

いい質問です

さらに

この2つには関連性もあります

では説明します

 

 

<目的>

お金をかけずに、暇になる1・2月の売上アップ

 

<期待する効果>

・1か月後に来店してもらう・・・来店周期の短縮

・さらに翌月も来店してもらう

・特別感・・・常連客への特別扱い

・単価アップ

 

<行動>

客数の多い12月に店内販促をする

 

<内容>

1・2月に使えるクーポンの発行

 

<<質問の回答>>

もともと毎月来店しない人に

2か月間の有効期限で

例えば1000円OFFのクーポンを発行した場合

翌月に来店する確率は低いです

わざわざ早く来店する必要がないからです

これでは

 

期待する効果の1つ

来短サイクルの短縮ができません

また

 

1・2月とも

同じ割引にした場合も同じことです

 

 

<仕組みと組み合わせの考え>

例として

1月は1000円OFF

2月は500円OFF

とすると

 

1月に来店した方がお得

2月来店では損するような気がします

ですから

1月に来店する方が多くなります

さらに

2月も500円とは言え

お得なわけですから

2度来店する方も増える事が期待できる

という事です

 

 

1000円にするか

もっと大きくするか小さくするかは

あなたの戦略次第です

 

注意してほしいのは

いくらあなたが

「1000円もOFFしてる」

と思っても

受け取り側が

「1000円OFFだけか!」

と思ったら効果は期待できない

という事です

 

 

いつでも

顧客優先

ユーメッセージであることが重要です

この考えは

他の全ての販促物

スタッフ教育に使える考えです

 

ミーメッセージ=自己都合

ユーメッセージ=相手都合

これを忘れないでください

 

 

経営基礎講座は

明日も続けます

お楽しみに

 

 

 

・・追伸

今月末に配信する

サポート会員専用動画は

 

あなたのメニュー

あなたの広告の関連性についてです

※広告とは、チラシ、HP、DM、POP、ホットペッパーなど全てを含みます

 

 

見込み客が欲しているものと

あなたのメニュー

あなたの広告に

関連性を検証し

 

 

関連性を持たせる事で

信じられないほどの

集客と売上が出ることを

話します

 

今月末に配信する動画

楽しみにしてください

 

※サポート会員になるのは簡単です

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

 

<お願い>

信頼のおける

やる気のあるお知り合いを紹介してください

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP