●●6歳の社長が放った一言で急成長

Auther:enkan_user1

小 3acb0a19b52fbd20107c3f63fd611503_s

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます

楽笑塾 佐藤祐司です

DSC_0907

from:事務所から

 

 

キッザニアって知ってますか?

 

 

今では遠足や修学旅行で行くようです

 

 

簡単に言うと

子供が仕事体験するアミューズメントです

僕も10年以上前に

双子の娘を連れて行きました

 

 

ケーキを作って販売する

ナースやドクターになって手術をする

ウエイトレスになって接客する

消防士になって実際に放水して消化する

などかなりリアル体験です

 

 

大人の職場を

社会科見学はしても

実際に作って接客する

ドクターやナースのコスプレでなく

映像を使って内視鏡手術や注射をする

※実際の映像はかなりリアルです

つまり疑似体験です

 

 

大人が子供と話す時

「いいでちゅねー」

「おいちーでちゅか」

なんて赤ちゃん言葉を使います

 

 

僕は今でもワンコには

そんな言葉づかいをする時があります

 

 

これは

僕達が小さい子には

赤ちゃん言葉がいい!

と思って使っています

 

 

女の子はピンクが好きだろう

男の子はヒーローものが好きだろう

女の子はクレープが好きだろう

男の子はオレンジジュースよりコーラだろう

これらも全て僕達がそう思っています

 

 

でも

僕の双子の娘はちょっと違いました

1人は

フリフリのスカート

当時流行っていたコスプレ

人形には興味がありませんでした

 

 

どちらかと言うと

大人が好む物

服で言うなら妻が来ているような服

自転車も

キャラクター系でなく

おしゃれな大人が乗るようなものが好きでした

 

 

 

一方でもう一人は

女の子なのに

迷彩色のパンツ

ミッキーよりも妖怪

というように

独特な趣味を持っていました

 

 

ですから

大人の僕達が思う

子供が好きそうな、、、は

全く当てはまらなかったのです

 

 

つまり

子供はこんな感じだろうは

僕の勝手な思い込み

 

 

そう考えると

「いいでちゅねー」

女の子はピンクが好き

と言うのも大人の勝手な思い込みで

子供にすり込んでいたのかもしれません

 

 

もしかすると子供は

そんな話し方や

そんな色は嫌いかもしれません

 

 

さて

僕がなんでこんな話をしたと思います?

伝えたかった事は

 

 

あなたがお客様に伝えている事

勧めている事

広告している事は

本当にお客様が求めている事か?

と言う事です

 

 

美容しか知らないあなたが

美容雑誌や

おしゃれはこうあるべきとか

アシスタントの頃からのすり込みや思い込みで

もしかしたら

お客様が求めているものではないかもしれません

 

 

先ほど話した

キッザニアが盛況なのは

本来のお客様である子供に直接聞いた事

リアルに再現したからです

 

 

子供たちに大人がしてきた事は

消防士になりたい!

ナースになりたい!

それならコスプレ

 

 

ケーキ屋さんになりたい!

それならケーキ屋さんセット

を与えて満足していました

満足してくれてると思っていました

 

 

コスプレやセットは

いくらでも売っています

だから

商売で考えたら激戦区

そうなれば当然価格勝負

 

 

そこでキッザニアは考えました

消防士になりたい!と言う子に

「なぜ?」と聞いてみました

答えは

 

 

 

銀の服着て

大きな車に乗って

火を消すのがカッコいい

火を消してみたい

 

 

そうです

コスプレがしたかった訳ではない

と言う事に気が付いたのです

 

 

あなたのメニュー

あなたの広告

本当にお客様が求めているものですか?

あなたの

髪はこうあるべき

これはいけるという

思い込みや好みが入っていませんか?

 

 

もしかしたら

それが現状の理由かもしれませんよ

 

 

今日の話はいかかでしたか?

実は今日話した経緯基礎もサポートしています

初月1980円で学べます

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

 

 

関連記事一覧

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP