こんな事あるの?高くても来店する。他店が真似できない。割引なんて必要ない。

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

もし、

今までと同じように働くだけで、

売上が増え、収入が増やせたらどうですか?

 

 

もっと言うなら、

働く時間を減らしても、

売上・収入が増やせたとしたら、、、

どう思いますか?

 

 

今日はそんな話をしていきます。

 

 

伊豆にもサンゴ、クマノミが、、、

北海道のお米がさらに美味しくなった。

今年は蚊が少ない。

と言うニュースが流れていました。

 

 

その中で、

日本はすでに亜熱帯化してる!

とも話していました。

 

 

僕が子供の頃、

静岡で気温30度以上はなかったと思います。

 

 

よくよく考えてみると、

ここ数年前から、

確実に気温が上昇しています。

 

 

今年は暑いから、

今年も暑いに変わりつつありますね。

 

 

地球の変化と同じように、

美容室を取りまく環境も、

1年単位で考えると分かりにくいですが、

10年前と比べると、

大きく変わりました。

 

 

・めちゃ難しくなった集客

・低料金化(割引含む)

・求人難

・働き方改革

などがそれでさらに消費増税。

 

 

 

そのどれもが、

美容室の売上をダウンさせる要因ばかりです。

 

 

解決方法として、

客数減少に対応するには、

高料金(高単価・値上げ)しかありません、、、が。

 

 

このタイミングで、

それができるのか?

それが売れるのか?

と言う疑問・恐怖があります。

 

 

1人経営ならあなたの労働環境。

スタッフを採用しているなら、

尚のこと環境は整えないといけません。

しかし、

それを実行する事は、

誰が考えても売上ダウンの方向に進みます。

 

 

なぜ、

新しいメニューを入れても、

いい技術を持ってしても、

客数減少、、、低単価、、、売上ダウンは、

止められないのでしょうか?

 

 

その1つの要因として、

ネットとSNSの発達があげられます。

 

 

たとえば、

大盛のマグロ丼を680円で提供すると、

あっという間に拡散して、

他店から客を奪います。

 

 

客を奪われた店は、

680円よりさらに安い値段で勝負しかしません。

これが、

さらなる低単価に進む理由です。

 

 

分かりやすいところでは、

ソニーの4Kテレビが欲しいとします。

あなたならどうしますか?

 

価格.comなどで、

何処が一番安いか探しませんか?

 

 

今あげた例は、

たった2つですが、

どれもこれもネット・SNSからの情報で、

価格が運命の分かれ道になっています。

 

 

なぜこうなるかと言えば、

マグロ丼もソニーの4Kも、

同じ名前、

同じものを売っているからです。

 

 

同じものであれば、

誰でも安い方がいいに決まっています。

 

 

しかしあなたは経営者。

そうだよなぁー、、、、

仕方ないよなぁー、、、、

と言ってはいられませんよね。

 

 

これを打開するには1ついい方法があります。

 

同じものを売っても、

安売り、割引なしで売れる方法。

むしろ、

高く売れる方法です。

 

 

たとえば、

ダイエット・筋トレ・健康がそれです。

 

 

言い方が違うだけで、

食事・サプリ・運動など、

考え方もやる事もほぼ同じ。

しかし、

伝え方を変えると、

・競合他店がいなくなります

・対象のお客さんが変わります

・高料金がいただけます

 

 

健康なんて考えてないけど、

モテるために(笑)綺麗に見せたいために、

ダイエットと考える人。

 

 

若くいたいためにダイエット!

と考える人。

 

 

もう年だから、

今更筋トレはないけど、

健康について考えたい。

 

などがそれです。

 

 

ダイエットにしても、

・マシーン

・サプリ

・ジムなどに通う

など方法もたくさんあります。

 

 

サプリに絞っれば、

・脂肪を燃焼

・カロリーゼロ

・腸内フローラ

などたくさんあります。

 

 

余談ですが、

健康を意識してる人が、

サプリを選択し、

脂肪を燃焼させることに興味を持ったとします。

 

 

その方には、

カロリーゼロも腸内フローラも、

勧めることができますよね、

クロスセルの考え方で、

さらに売上は増やせます。

 

 

あなたが勉強したことは、

労力とお金を使っていたとしても、

売上は何も変わりません。

投資で言えば失敗です。

 

 

それを成功に変えるためにも、

伝え方を変える!!

 

 

今まで見向きもしなかったお客さんが、

急に興味を持ち買ってくれるようになります。

 

 

そのためにも、

カラーをカラーとして売ってはいけません。

トリートメントをトリートとして売ってはいけません。

 

 

素人のお客さんは、

何処のマグロ丼も同じ。

ソニーの4Kは同じもの。

カラーは何処でやっても同じ。

トリートは何処も同じ。

と言う判断をして、

安い店を探しますから、、、

 

 

・・・お知らせ・・・

売上アップを達成している経営者が、

こぞって参加している、

特別な会員制度があります。

それはコチラ!

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP