【本日一旦終了】唯一あなたの味方はこんな人

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

読者から単価アップについて質問がありました。

広めたりする施術は、

トリートメント系の先生から、

・紹介していただけるものが対象になるのでしょうか?

・自店舗でしようとしているものは対象外になりますか?

 

<答え>

先生でなく、

単価アップに成功している経営者の話です。

インストラクターでも何でもありません。

 

 

特定のメーカー・ディーラーと、

絡んでいませんので、

何を使うか?何処から取引するか?

全て自由です。

 

話の中では、

実際使っている物の名前を紹介する程度です。

 

それ以外にも、

高単価が見込めるメニューを紹介します。

 

 

どのメニューを導入するかは、

・あなたが現在と導入している物でもOK

・紹介した以外でもあなたが気に入っている物でOK

・分からなければ試してみてもOK

 

しかし一番重要なのは、

そのメニューを、

どう広めたか?その方法です。

 

 

後半では特に、

添えについて話していきます。

 

 

 

広め方が分かれば、

どんなメニューにも使えるからです。

 

・・会場調整のため本日一旦終了します・・

客数を増やさなくても売上アップできる

「成功する高単価メニューの選び方と広め方」

本日一旦受付を終了します。

詳しくはコチラ

https://enkan-hanjyou.com/?p=23881

・・・ここまで・・・

 

ではトピックから話していきますね。

 

きのう東京からの新幹線。

僕の席にいい感じの外人老夫婦が座っていました、、、

 

 

一瞬、

エクスキューズミー マイ シート!

いや違うなー、、、

ソーリー チェック ユア シート ナンバー、、、

なんて、

中学英語が頭に浮かびましたが、

あまりに楽しそうにしてるので、

言えませんでした。

 

 

本当は混雑の中、

間違った英語で話かけて、

何か返されたら答えられない、、、と言う不安。

 

 

小心者の僕は車掌に頼んで、

事なきを得ました。

英語話せる人羨ましい~

 

 

ということで、

今日の話を始めます。

 

あなたの単価アップの味方は、

こんなところにもいます。

 

これは個別で入っている店の、

スタッフからのメールです。

 

 

もしあなたが、

1人経営なら、

こんな気持ちで仕事をしているか?

自分自身に問いて下さい。

 

 

もしあなたが、

スタッフを採用しているなら、

こんなスタッフにしてください。

 

 

今日は、カットが多い日でした。

なので、

カラーシャンプーに入ったお客様に、

何かプラスでやってもらえるように、

必ず声をかけるようにしました。

 

 

トリートメント、ヘッドスパ、頭皮エステが該当するならば、

何かしらやってもらえるように、

お客様に声をかけていきました。

 

 

私がカラシャンをしたお客様は、

全員トリートメントをやってくださいました。

 

 

トリートメントは、

カラーやパーマをやったお客様は、

必ずと言っていいほどやってほしい技術になります。

 

なので、

プラスと言うよりは絶対声をかけて、

絶対やってもらいたいです。

・・・ここまで・・・

 

 

スタイリストでないのに、

お勧めするでなく、

「絶対にやって欲しいメニュー」

と、心底思っている。

そして、

行動➡結果を出している。

素晴らしい!

 

 

あなたは、、、

あなたのスタッフは、

同じ想いを持っていますか?

 

 

人は想っていることが、

顔や態度、言葉として出ます。

 

もし、

あなたやあなたのスタッフが、

「断られたらどうしよう」

と一瞬でも頭によぎるなら、

それはあなたの想い=本心が、

お客さんのことより、

自分のことを考えている証拠です。

 

 

そこを変えない限り、

単価アップは難しくなります。

 

 

でも、

こんなに素晴らしい彼女でも、

弱点があります。

それが別の日のこれ、

 

 

今日はカラシャンが多かったので、

トリートメントを勧めることに専念しました。

 

7人中6人の方がトリートをしてくださいました。

 

ですが、

1000円の方のトリートをしてくださる方が多く、

グレードの高いトリートを、

いつも1000円のトリートをやってる方に、

やって欲しかった、、、

 

ですが、

切り替えてもらう事は出来なかったです。

 

 

言い方が悪かったのか?

1000円の方で満足しているお客様が多いのか?

そこのところを詳しく探っていきたいと思います。

・・・ここまで・・・

同じ悩み事でも前向きなのが素晴らしいです。

 

 

そして彼女はある事に気が付いています。

千円とグレードの高いトリとの違い。

つまり価値を伝えきれていないかも。

ということです。

 

 

たとえば、

うな重の「並」と「上」の違い。

 

 

僕の地元ではウナギが有名。

並みが4千円、上が5千2百円と、

結構違います。

 

 

一瞬「並」を頼むのが、

恥ずかしい気持ちになりますが、

店側はその違いをしっかり説明しています。

 

並:鰻一段・上:鰻に段と。

 

店側は、

鰻の質ではない。

並を頼んでもあなたはセコイ客ではないよ!

という安心感が与えています、、、

いるつもりです。

 

 

でもこの表現、

お客さんに安心感を与えているでしょうか?

 

 

実は僕、

店員さんにある提案をしました。

 

 

<うな重>

一段:4千円

二段:5千3百円

とした方が喜ぶと思うよ。と、

あなたはどう思いますか?

 

 

価値が明確になれば、

値段で考えなくなります。

 

 

ではトリートの場合、

違いをどう説明するか?

考えてみて下さい。

 

 

絶対してはいけないのは、

こちらは~が入っていて~に良くて、、、

と言うような理屈や能書きをたれないこと。

 

 

話が長くなるだけでなく、

説得してる事になるからです。

 

 

このように考えてしまう人が、

「断られたら、、、」と考え、

立ったその一言が言えなくなっている。

 

 

単価があげられない1つの理由です。

 

客数を増やさなくても売上アップできる

「成功する高単価メニューの選び方と広め方」

本日一旦受付を終了します。

興味のある方は今すぐここを見て下さい

https://enkan-hanjyou.com/?p=23881

 

きゅめは探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP